アジサイの管理方法|季節を感じるアジサイを自宅で育てる【育て方を調べる】|季節の花

アジサイの育て方と一緒に管理方法も調べておきましょう

アジサイの管理方法

花

花を咲かせた後に行なう剪定

アジサイの花は、花が枯れた後もきちんと管理しておけば翌年も綺麗に花を咲かせることができます。管理と言っても、適度な長さに剪定するだけの簡単な方法のため少し手を加えるだけで済ませることができます。アジサイは、成長がとても早いため剪定をせずに育ててしまうと予想外に大きくなってしまう植物と言われており庭などの広い場所で大きく育つぶんにはあまり問題はありませんが、植木鉢のように大きさが決まっている場所で育ち過ぎてしまうと株が傷んでしまい管理も大変になってしまいます。翌年も綺麗なアジサイの花を楽しみたいという場合は、花が咲いて散った後、アジサイの育て方で紹介されている長さに合わせて剪定するようにしましょう。

肥料を与える

元気なアジサイを育てるためには、寒肥と花が咲いた後の追肥を与えることが大切です。追肥の頻度や量は、育て方や育てる場所によって異なるため用途に合わせて変えてみましょう。寒肥は新梢を育てるために大切な役割を果たす肥料のことを言い元肥となります。花が咲いた後に与える肥料は、次の年の花芽を育てる役目を果たす大切な肥料です。このように、肥料と言っても役目が異なるため役目に合わせて肥料の種類を変えてみましょう。また、アジサイの花は土壌の酸性度によって花の色を変えますが、肥料の種類によっても色を変えます。そのため、綺麗な色の花を咲かせたい場合は花の種類に合わせて肥料を変えてみましょう。

肥料の種類

上記でも説明したように、アジサイの花の色は与える肥料の影響を大きく受けます。そのため、自宅で育てている花の種類に合わせてしっかりと選びましょう。アジサイに与える寒肥は、その年にどのぐらい成長するかが決まる大切な役目を持っています。そのため、1月から3月までには寒肥を与えるようにしましょう。肥料の効果を徐々に発揮するタイプが良いと言う人からは、ゆるく効果を発揮し続ける有機肥料が人気を集めています。赤っぽい色のアジサイなら弱アルカリ性の肥料を与え、青っぽいアジサイなら土壌を酸性にする効果のある肥料を与えます。この他にも、花が散った後に与える肥料の与え方で、花芽の実り方が異なるため多く実らせたいという場合は、即効性の高い肥料を与えてみてください。

アジサイはどうやって育てる?

アジサイは水に強いって本当ですか?

アジサイは、湿り気のある土を好む傾向にあるため他の食物よりも水には強いと言われています。水に強い分、乾燥には弱いため育てる時は乾燥に注意し適度に水やりをしましょう。水をあげる時は土の状態をチェックすることで判断できます。

どのぐらい太陽の光を当てれば良い?

日光を当てる場合は、半日ほど日の光が届く場所で育てると良いでしょう。アジサイの花は太陽の光を強く浴びすぎてしまうと、葉っぱが焼けてしまいます。そのため、木漏れ日の当たる場所、または自宅の東側などが最適と言われています。

育て方で花の色が変わるってマジ?

はい、本当です。正確には、育て方で変わると言うよりは育った環境で花の色が異なります。土壌がアルカリ性に近い場合は赤っぽい花が咲きやすくなり、酸性の場合は青っぽい花が咲きやすくなります。

アジサイも剪定するの?

アジサイも剪定をする必要があります。アジサイの成長は早いため、放っておくと想像以上に大きく成長してしまうという理由と植木鉢などで育てている場合、根詰まりの原因になってしまうという理由があります。